古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

機械とヒト。

昨日は深夜までかかって、
コンピュータと取っ組みあった。
やる事が重なっていて、
いろいろなソフトを立ち上げての作業で、
フリーズしたり再起動したり、
どうにも分からなくてネットで対処法を調べたり。

Apple製品にはおちょくられているとしか思えないときがある。
遊びに付き合ってられるほど暇じゃねえぞ!

SEの仕事をしていると気が滅入ると、
どこかのブログで読んだ事があるけど、
昨日は深く共感した。
機械は絶対に間違えない。
おかしな事になっているとしたら、
それは機械に指示を出す人間がどこかで踏み違えているのだ。
だから、それを見つけて正しく踏み直さなくてはいけない。
そんな事が非常にストレスになるのだ、と書いてあった。
それは却ってストレスないんじゃない?
と思っていたけど、昨日ゴチャゴチャ弄りながら、ああ仰る事がようやく分かりました、とうなだれましたな。

とにかく辛抱強く、解決の糸口を探っていかなければならない。相手に非はないのだから。交通事故なんか、どんな過失であっても10割が10割片方だけの過失ってことはないってのに。
そう、私がなんで子育てが苦痛かちょっと分かった。

子供が悪いのではない、親の導き方が問題なのだ、というね、
この基本中の基本に納得できないわけ。
関係が対等でない。
子どもは教えてもらわなければ分からないことばかりなんだから、
責任が等分でないのは当たり前。
だから相手に怒っちゃいけない。
怒っても事態は変わらないし、怒る根拠がまずない。
機械と子ども、あとは自分で考えな!
と言い捨てられない、
ここがただただ面倒だ、という、
ハイ、優しくないです。

とにかくそんなことを考えながら、
音楽についても、
最近電子音楽?デジタル音楽?
が受け入れられなくなってきた。
リズムは打ち込み、なんてもう当たり前なのに、
受け付けない。

多分、機械が間違えないからなのだ。
バンドの中で誰かがトチったら、
他のメンバーがフォローする。
でも、機械は待ってくれない。
今日の身体、明日の身体は別物だ。
時間の感じ方も、音の感じ方も差が出るものだ。
だけど、機械だけはずっと同じ。
だから、ブレのない機械が基準になってしまう。
すると、人間の方が機械に合わせなければならない。
昨日と同じように演れなければ、
今日のやり方をやればいい、
機械にはそう簡単な話ではない。
機械が人間の状態に合わせてやれるようにするには、
人間が機械に合わせるよりよっぽど莫大な労力を要する。
セッティングを細かく変えていかなければならない。
指示を出す人間が天才でなければ出来ない芸当だと思う。

これから先、
機械だって人間の指示を待たずに、
自ら考えて動く事ができるようになってくるかもしれない。
でも、今の情報処理能力では物足りない。
人間の方がはるかに話が早い。
まだまだオモチャなのかもしれない。


さて、そんなこんなで格闘している機械、
下記のチラシ作りのために
働いてもらっています。



☆ルビーさんと黒ねこクロちゃん
~魔女の絵本よみきかせ 第2回~

2月23日(土)
11:00~/14:00~
(各回15~30分程度)
入場無料 出入自由 投げ銭制
大人もこどもも、いっしょに楽しもう!
  
朗読:高林みず穂(ルビーさん・クロちゃん)
音楽:トッテカルーソ(コントラバス)

前回12月にも大好評・大成功をおさめた、
朗読者・高林みず穂さんによる絵本よみきかせの会第2回です。
毎回、魔女のルビーさんがみんなのために、
とっておきの絵本を、音楽と合わせて朗読する、
すてきなすてきなパフォーマンスです。
相棒の黒ねこクロちゃんもいっしょに、
まずは手遊びをひとつ。
これが不思議と場をひとつにまとめてくれるのです。
今回の音楽も、コントラバスのトッテカルーソさん。
朗読に合わせて即興で音楽が紡がれていきます。
何とも言えない、とぼけたようなユーモラスなコントラバスと、
透明感のある朗読。
魔女のルビーさんは、隔月で古書上々堂にやってきます。

そして、ちゃんとお話を聞けた子どもたちには、
手作りのクロちゃんクッキーをプレゼント。
もちろん大人たちにも、
ほんのり甘いジンジャーカモミールティーを。

このつぎは4月です。



☆pleasant time 作品展

4月20日(土)~4月25日(水)

ハンドメイド作家のpleasant timeさんは、
三鷹・西荻を中心に、
作家仲間とともに素晴らしい作品展を
数多く手がけ、
またオンラインショップも運営なさっている
私のすてきなお母さん仲間です。

今回、当店での作品展をお誘いしてみたらご快諾くださり、
古書とのコラボレートを主題に、
複数の作家さんたちと展示をしていだだくことに。
古書上々堂という場を存分に使って、
美しい世界を作りあげてくださることでしょう。
私もたのしみです。
[PR]
by epsilongstocking | 2013-01-24 09:50
映画「レ・ミゼラブル」見たいなぁ。

子どもの頃、年少版の「ああ無情」を読んでいて、
当時は何のことやら殆ど分らなかったけど、
この頃あちこちで映画の評判を聞くので、
wikiであらすじを読んでみて、ああ、いいなぁ、としみじみ。

ビクトル・ユーゴーのすごさなんてわたしゃわかりませんけれど、
こうやって丹念に「惨めな人々」の物語を紡いでいき、
あるものは死に、あるものは生き、
一人一人が立ち上がって戦い、逃げるものは逃げ。
とるに足らないちいさな個人の物語を辛抱強く綴りながら、
大きな渦を描く。
大作家の迫力。
圧倒されます。

子どもの頃に読んで、想像していたパリの街が映像となって、
それはどんなものなんだろうと思ってトレイラーを見たら、
自分の想像とそう離れていなかったのも驚いた。
この物語の主人公は、あなたであり、あなたである、
と、作者は言っているのかもしれないけど、
子ども心にも印象的だったのはやはり母フォンテーヌ。
ジャンバルジャンは狂言回しと考えていいと思う。
誰もが孤児コゼットの幸せを願い、
当時はフォンテーヌの不遇の死は納得できなかったけれど、
今は受け入れられる気がする。

悲惨な人生をとことん描いて、
しかしそれが当時ベストセラーとなったという事実に、
フランスの歴史の凄まじさを感じずにはいられない。

民衆による革命を成し遂げたという歴史は、
賛否あるにせよ、フランス人の誇りであるに違いない。
そんなフランスを尊敬するし、
ちょっと羨ましいとも思う。
のんびりと一生をおくってはいけない、と自戒するのであります。

そんな店主(のうちの一人)がやってる古書上々堂の
今年のイベントはこちらです。 ↓

☆ルビーさんと黒ねこクロちゃん
~魔女の絵本よみきかせ 第2回~


2月23日(土)
11:00~/14:00~
(各回15~30分程度)
入場無料 出入自由 投げ銭制
大人もこどもも、いっしょに楽しもう!
  
朗読:高林みず穂(ルビーさん・クロちゃん)
音楽:トッテカルーソ(コントラバス)

前回12月にも大好評・大成功をおさめた、
朗読者・高林みず穂さんによる絵本よみきかせの会第2回です。
毎回、魔女のルビーさんがみんなのために、
とっておきの絵本を、音楽と合わせて朗読する、
すてきなすてきなパフォーマンスです。
相棒の黒ねこクロちゃんもいっしょに、
まずは手遊びをひとつ。
これが不思議と場をひとつにまとめてくれるのです。
今回の音楽も、コントラバスのトッテカルーソさん。
朗読に合わせて即興で音楽が紡がれていきます。
何とも言えない、とぼけたようなユーモラスなコントラバスと、
透明感のある朗読。
魔女のルビーさんは、隔月で古書上々堂にやってきます。

そして、ちゃんとお話を聞けた子どもたちには、
手作りのクロちゃんクッキーをプレゼント。
もちろん大人たちにも、
ほんのり甘いジンジャーカモミールティーを。

このつぎは4月です。



☆pleasant time 作品展

4月20日(土)~4月25日(水)

ハンドメイド作家のpleasant timeさんは、
三鷹・西荻を中心に、
作家仲間とともに素晴らしい作品展を
数多く手がけ、
またオンラインショップも運営なさっている
私のすてきなお母さん仲間です。

今回、当店での作品展をお誘いしてみたらご快諾くださり、
古書とのコラボレートを主題に、
複数の作家さんたちと展示をしていだだくことに。
古書上々堂という場を存分に使って、
美しい世界を作りあげてくださることでしょう。
私もたのしみです。
[PR]
by epsilongstocking | 2013-01-16 17:07
あけましておめでとうごさいます(おそいか。)
旧年中は皆様に多大なご支援を賜り、
無事に1年を過ごすことができました。
本年も、新しいこと、そしてこれまで続けてきたことのより一層の充実をめざし、
努力精進を続けて参る所存です。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さてさて、
古書上々堂も今年は10周年です。
皆様のご愛顧のお陰様で、
ここまで続けてくることができました。
ありがとうございます。
これからも続きます。
ますますいい店にしていきます。
よろしくおねがいいたします。

今年もいろいろと計画していきます。

まずは、2月の古書上々堂イベント。



☆魔女のルビーさんと黒ねこクロちゃん
~絵本よみきかせの会 第2回~


2月23日(土)
11:00~/14:00~
(各回15~30分程度)
入場無料 出入自由 投げ銭制
大人もこどもも、いっしょに楽しもう!
  
朗読:高林みず穂(ルビーさん・クロちゃん)
音楽:トッテカルーソ(コントラバス)

前回12月にも大好評・大成功をおさめた、
朗読者・高林みず穂さんによる絵本よみきかせの会第2回です。
毎回、魔女のルビーさんがみんなのために、
とっておきの絵本を、音楽と合わせて朗読する、
すてきなすてきなパフォーマンスです。
相棒の黒ねこクロちゃんもいっしょに、
まずは手遊びをひとつ。
これが不思議と場をひとつにまとめてくれるのです。
今回の音楽も、コントラバスのトッテカルーソさん。
朗読に合わせて即興で音楽が紡がれていきます。
何とも言えない、とぼけたようなユーモラスなコントラバスと、
透明感のある朗読。
魔女のルビーさんは、隔月で古書上々堂にやってきます。

そして、ちゃんとお話を聞けた子どもたちには、
手作りのクロちゃんクッキーをプレゼント。
もちろん大人たちにも、
ほんのり甘いジンジャーカモミールティーを。

このつぎは4月です。



☆pleasant time 作品展

4月20日(土)~4月25日(水)

ハンドメイド作家のpleasant timeさんは、
三鷹・西荻を中心に、
作家仲間とともに素晴らしい作品展を
数多く手がけ、
またオンラインショップも運営なさっている
私のすてきなお母さん仲間です。

今回、当店での作品展をお誘いしてみたらご快諾くださり、
古書とのコラボレートを主題に、
複数の作家さんたちと展示をしていだだくことに。
古書上々堂という場を存分に使って、
美しい世界を作りあげてくださることでしょう。
私もたのしみです。
[PR]
by epsilongstocking | 2013-01-11 23:04