古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

殺しあう夏。

この頃、死体写真とか「グロ注意」とか、
ネットでそういうのばっかり見ている。

夏は手加減がない。
生き物たちの活動も手加減がない。
虫とかカビとか腐臭とかがぜんぶぜんぶ交じり合って、
三つ巴どころの騒ぎではない。

必死で掃除したり片付けたり、
家の中だけは生き物の活動の影響を受けすぎないように
気をつけても、
あっちこっちで荷物の山が雪崩をおこして、
扇風機には埃がこびりついて、
水場にはカビが生えて、
ゴミ置き場は臭くて、
雑草は汚らしく生えて、
蚊はプンプンうるさいし、
エアコンはぼちぼち掃除を頼まないと臭いがやばい。

毎年のことだがそのうちどうでもよくなる。
もういいやばかばかしい、
なるようになれこんちくそー。
7月後半のことであるのである。

思えば雑誌などで紹介されるような
あの心地よさそうな空間、
あれを維持するのに私はどれだけ汗をかかねばならんのだろう。
それでせっかくきれいにした部屋を
家族が一瞬でぐちゃぐちゃにしていくのだ。
シジフォスの神話かよ。

なんてえことを考えていて、
夏ってみんな獰猛になるのね、
みんながみんな生き残ろうと食ったり食われたり、
冬の眠りから覚めて春を過ごして、
そして夏に殺しあうのね。
と思いながら、
夏だし2ちゃんオカ版まとめなんかを読み漁って、
それで冒頭のような事態に至ったのだった。

いろいろ見ていて、あるとき
「熊に襲われた男性の死体」
というのに行き当たった。
ほんとにそうなのか、いまいちわからないけど、
山の草地にズボンが脱がされて片足が骨だけになっちゃって
ヘタッとしたヘノコが××××
というもの。
お腹はどうともなってなかった。
あれー?内臓って栄養なんじゃないの、
サバンナサバイバルみたいなやつだと、
動物たちの狩りのときにお腹は奪い合いだったはず。
熊は人間の肉とかあんまり好きじゃないのか?
人間の肉ってやっぱ臭いのかなあ。
毒素がいっぱいとかなのかなあ。
と、ちょっとシュンとなった。

いやでもでも、
この間は道路っ端で死んでた大きな猪の写真も、
食われた痕跡なかったわ。

例えば生餌しか食べない生き物が狩りをして動物をまず食べて、
その残りを屍肉しか食べないハイエナ(日本にはいないけど)とかが来て食べて、
またそのおこぼれを小さな動物たちが取り合って、
肉だ肉だワーイヤッター、
てのが食物連鎖なんじゃないのか??
鳩だって猿だって鼠だって烏だって
雑食なんだから、
人間の肉だって食べるんじゃないの?

そういや野犬とかいないもんね。
野生のニホンオオカミはとっくに絶滅してるし。
熊だって人間に遭えば襲うけど、
基本的には魚食とか、木の実とかよね??
猪も畑荒らしたりするのよね?
じゃあ肉だ肉だワーイってなる生き物がいないってことか?

それまで私は、世間で言われているような
「人間だけが食物連鎖から外れてしまった・・・」
というハナシを鵜呑みにしてそこで思考停止していたけど、
日本では食物連鎖なんて
とっくに崩壊してるってことなのか。

日本では屍体を見ない。
猫の屍ですら珍しい。
タイとか南米では屍体写真が容易に撮れる、
と、なにかの本に書いてあった。
動物が屠畜されるときの断末魔を、
私たちは聞かない。
スーパーでパッキングされて並べられた肉たちにも、
最期の悲鳴の記憶が残っているかもしれないのに、
私たちは耳を傾けない。

そんなことをずっと考えていたら、
昨日お店にミルンさんがお友達を連れていらしてくれて、
話の流れでその人に
「チェチェン 首切り、で検索してみてください!」
と教わり、その通りにしてみた。
ロシア兵がゲリラ兵に生きたまま首を切られる動画デシタ。
まあ閲覧注意やね。

文章では拷問とか処刑とかの話を本で読んだりしていたので、
それを見ながら、
ああ早く死にたいだろうな、
と私は思った。
私だったらさっさと死にたい。
生きたまま首は切られていたけど、
手際がじつに早くて、
一気にナイフで切っていたのが、
まだ救いだった。
拷問動画とかは見れないなと思う。

私には家族がいて、
ちいさな子どもがいるのです。

命は温かくやわらかくて、
そしてかんたんにひしゃげて潰れてしまう。

子どもと生きていて、その事を毎日毎秒突きつけられている。
動画を見ながら、
ああいやだな、
なんで私は子どもを産み出してしまったんだろう、
私の子どもがこんな恐怖を味わったら嫌だ、
絶対に嫌だ、
と思った。

日本は本当に治安がよいと思う。

誘拐もほとんどない。
殺人も、殆どがある程度の密度のある人間関係の中で起こり、
無関係な赤の他人が連続殺人をしたり、
ましてや紛争やテロや政府による逮捕監禁拷問死も
ほんとにほんとに少ない。

お金がないとか、
食べるものがないとか、
言っても、ゴミを漁れば食べるものにありつける。
ほんとうにほんとうに、
食べられる木の根1本見つからないなんてことはない。

そういう中で、わたしたちは、
いろんな問題を問題と思って抱えているのだな。

山に行ってみたいし飲み会に行きたいし映画もみたいけど、
ほんとにほんとにお金がないなあ、
なんて思っていたけど、
今日まで強盗にも遭わず、親族も殺されず、
子どもはまあ元気にして、
外食なんて出来るほど余裕ないけど
自炊で食べるくらいのお金は持っていて、
家もあって、
布団で寝られて、
レイプされたこともなく、
犯罪に巻き込まれたこともなく、
これは、奇跡なのかもしれない。

だけど、
紛争真っただなかの地域でも、
もしかしたら、
これは奇跡かもしれないなんて思いながら
生きている人がいるかもしれない。

それに、
どっかの大きな会社のCEOだかで、
大株主で、大地主で、
なんて人がもしかしたら、
まだまだだ、まだ足りない、
あいつと比べて自分はなんてアンラッキーだ、
とか思っている人もいるかもしれない。

とにかく、
いのちはあたたかく、
やわらかく、
そして一瞬でぺちゃんこにつぶれるのだ。

ということを、
わたしはずっとずっと思っている。
そして祈っている。
どうか、どうか・・・

その先は、よくわからない。
[PR]
by epsilongstocking | 2012-07-28 16:52

映画をみたよ。

にじまくら終了後、
いろいろと抱え込んでいた事々の締め切りが
いっきにやって来て(もっと早くやっとけばこうはならなかったよね)、
忙しかった。
ひとつひとつが片付いて、
だんだんと余裕が出てきたら緊張も緩んだのか、
体調を崩しっぱなしでした。
先週は1日も店に出られないくらいしんどかったけど、
ようやく今日から店番復活。
各方面にご心配おかけして、申し訳ありませんでした。
ぼちぼち調子を取り戻しています。
せっかく落ちたぜい肉だけは取り戻したくないが・・・。

このところずっとブログを更新しようという気が失せていて、
なんでだろうなー、と思っていたのだけど、
そういえば本を読む時間とかホントになかったのだった。
やっぱりまとまった文章を読むということは、
それだけ想像力や思考力を刺激するということなんだな。
言葉に強烈に働きかけるのはやっぱり言葉で、
それは映画や写真や他の芸術作品よりもずっと力強く、
直接的にアプローチされるんだな。
とかしみじみ思った。

考えはまとまらないけど、
いろんなものを読んだり観たりしたので、
リハビリがてら、ちょこちょこ書いていきます。

昨日はDVDで「v for vandetta」を観た。
ナタリー・ポートマンが主演のやつ。
ガイ・フォークスとやらのお面(最近はアノニマスで有名らしいですね。)
を被ったアナーキーなヒーローは、
実はマトリックスのエージェント・スミスがやっていたのだそう。
ヒューゴ・ウィービングという俳優。
しらなかった、プリシラの人だった。
俄然ファンになってしまった。
そしてナタリー・ポートマンの美しさは奇跡だな。
この映画は「マトリックス」3部作の制作メンバーが多く関わっている。
脚本も同じらしい。
ストーリーはぜひ映画をご覧になってみてね。
おもしろかったです。

マトリックスもこの映画も、
近未来(マトリクスは近未来ってわけじゃないか)の強大な管理社会?
管理国家?管理世界?が舞台で、
なるほど一貫してそういう事を問い直したいわけだな、
と思った。
わたしはどちらかというとアナーキーな考え方にシンパシーを持っているようだから、
どちらの映画にも共感できた。
「V・・・」の方は1980年代にコミック誌に連載された漫画が原作とのこと。
その時代、イギリスなどでは
行き過ぎた管理社会の行き着く先を描いたような作品が
各芸術ジャンルでさかんに発表されたのだそうだ(wiki情報)。

映画としてどうかというと、
うーん、なんか、いまいちスカッとしないというか、
映像としてもそれまでに使い古されたイメージをそのまま使っているというか、
うわービックリ!参った!ってひっくり返るような
インパクトはなかった。
話の筋としても、
程よきところに火箸が・・・ありすぎじゃないか?
と思うくらいにご都合主義という気もする。
うまく行きすぎだろ!という。

でも、なんか残っているのだ。
映像や、役者たちの顔や台詞、音楽。
繰り返し反芻してしまう。
そして考えてしまう。
この日本に、もし、Vのようなテロリストが現れたとして、
自分はどうするのか・・・。
ちょうど、首相官邸前のデモの人数が倍倍で膨れ上がっている最中に観たせいもあるけど。
これこそが制作者の狙いなのだろうけど。

でもなぜこうも残るのか。
特にエージェント・スミスのV。
彼はずっとガイ・フォークスの仮面を付けたままだった。
オペラ座の怪人みたいに。
でもその仮面がすごく表情豊かなのだ。
そしてその話し方や声も。
歌を歌うように。
さすがプリシラでドラァグ・クイーンを好演した人だぁ。
仮面をつけているのに、
その存在感はかえってヒロインをしのいで、人間としてのV、
限りのある命を同じように与えられた人間、として、
わたしの想像力の中で
じわじわと質量を増している。
こういう試みは実際、舞台ではよくある手法なのだろうけど。

映画では、よく役者が「演技をするなと注意をうけた」と言う記事を読む。
(日本だけなのだろうか?)
演技をしない役者というと、一番に思い浮かぶのが、わたしの場合寺尾聡。
「半落ち」(・・・つまんなかった。)のときの彼をみて、
ああ、演技をしないで植物みたいに画面の中に生えたみたいにしていると、
後ろの風景がよく見える、
映画ってそういう風にして世界を見せるものなんだ、
とか思ったけれど、
それを強制的に仮面でやってしまったら?
顔を見せられないってことは、
演技のためのツール(それもかなり重要な)を取り上げられるって事だけど、
欠けているってことは必ずしも悪い事ではない。
顔が欠ければ体が、声が、
普段は目に付かない、耳に入らない情報が入ってくる。
ってことなのかなぁ。

おもしろかったけど、
イマイチなんだよなあ、
と思うのに、なんだかもう一度観たいと思ってしまうのだ。
不思議な映画。
[PR]
by epsilongstocking | 2012-07-01 22:39