古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2年間お世話になった、
娘の家庭教師の先生が今日で最後の授業となった。
授業だけでなく、
折々に私たち家族にプレゼントもくださったり、
ほんとにどうやってご恩返しをしていいかわからないくらい
お世話になりました。

なにを教わっていたかというと、
英語である。
オックスフォードのstudentbookという教材を使って、
個人授業をしていただいていた。
娘たちにとっては友人のような存在で、
もちろん英語の授業はしていたけど、
なんというか、
そのやりとりはすてきなものだった。

それはそれとして、
やはり子どもたちにはこれからも
英語はなんとか習得させよう。
という親心である。

で、
いま、英語教室をいろいろと調べている。

調べるうちに、
だんだん、
何のために英語なのか、
わからなくなってくる。

この2年、私自身が英語に興味をもって、
英語サークルをつくってみたり、
幼稚園仲間の子どもたちに英語を教えてみたりしてきた。
AFNラジオを毎日聴いて、
はじめはちんぷんかんぷんだったのも、
半分くらいだけど、
内容がわかるようになった。

しかしここでジレンマである。

英語をいくら身に付けても、
周りにしゃべる環境がないのである。
だってここは日本。
日本語がしゃべれれば大丈夫なんだもん。

英語でもフランス語でも、
わたしにとって母国語以外の言語はすべて、
コミュニケーションのための道具にすぎない。
たとえばこれが、
フランス文学が好きで好きで、
ぜひぜひ原文で堪能したい、
となればまた違う想いがあるのだろうけど、
はっきりいって、
私はけっこうです。

英語を勉強するのは楽しい。
まず英語的発音が楽しい。
日本語の楽しさは、やはり書き言葉にあると思う。
漢字のおもしろさ、
ひらがなのしなやかさ、
カタカナのひょうきんさ、
記号やらなにやらの組み合わせ。
だけど、日本語という言語は、発音するには楽しくない。
私は滑舌がわるく、
日本語の発音に向いていない、と思う。
ところが英語は楽しい。
子音と母音がはっきり分かれていて、
破裂するような音を口で発するのが楽しい。
そりゃあ、うつくしい英語の発音というものはある。
でも、わたしは日本人なのだから、
日本語英語でも構わんだろう、と開き直っても誰にも文句はないのである。

英語の勉強は楽しい。
でも、むなしい。
日本語全然わからない人と友達になれればいいけど、
そういう人はなかなか、
東京でも出会えないのである。
たいした英語でないのはわかっているが、
それでも昨日より今日、と上達していくのが楽しいのに、
それを認めてくれる人はいない。

みんなは何のために英会話学校へ行くのだろうか。
仕事で必要なのだろうか。
とりあえずいまの状態では、
私には何の必要もないのである。

ああ、英語、英語だけじゃない、
数学力も国語力もほかの外国語力も、
しかし子どもにとってはやはり必要だと思う親心。
だが。
なんのために。

娘たちはどんな生き方をすすむのだろう。
それによって、
必要なスキルはかわってくるのだ。
たとえば将来日本の伝統工芸の後継者となろう人に成長するためには、
英語よりももっと学ばねばならないいろんなことがあるのだと思う。
こうやって、やみくもに
英語英語、さんすうさんすう、と、
習い事で時間を、人生を削らせている間にも、
そのための修行の時間はどんどん少なくなっている。
かもしれない。

なんてぐるぐる考えている。
しょせん、
子どもの未来なんて子どもが七転八倒して決めることなのに。
それでもなにか持たせてやりたい。
そのために、
英語教室をさがしております。
英語がしゃべれたって彼女たちには何の助けにもならないかもしれないけど。
英語がしゃべれるだけじゃだめなんであって、
だってそれは単なるコミュニケーションの道具でしか今はなくて、
そういう道具を持っていたとしても、
なにか本質的なきらめきが
生きるうえではさらに必要なのではないか。
わくわくするような人生のためには。

私には英語はしゃべれない。
そしてみんなが驚嘆するようなきらめきも
(容姿にしろ、頭のよさにしろ、商売っ気にしろ)
なにもなく、ただぐうたらと生きているだけである。

ただ人から注目されたいのか、
ただ人から驚嘆されたいのか、
なんのためにきらめきたいのか、
私にもよくわからない。
雑誌にとりあげられたいのか、
長者番付に載りたいのか、
グラミー賞をとりたいのか。
他人にみとめられたいのか。
人の役に立って、ありがとうと言われたいのか。

世界は広いよ。
日本文化はおもしろいよ。
世界に出たら、きっともっとおもしろいと思うよ。
わたしは、
まずはそのことを娘たちに伝えたい。
それだけ?
とりあえずは、ええ。
あとは、娘たちが発見していく、娘たちの時間の中で。
そんな程度の親心です。
どうなることやら。
先は長いし、やることはたくさんだ。
みんなお勉強はよくできるし、
努力もたくさんしている。
うちの娘たちはいったいどういうふうに生きていきたいんだろう?
堂々巡りの悶々絶々。
[PR]
by epsilongstocking | 2012-03-28 19:12

日暮里でぷっつん。

きのう、日暮里へ行きました。
雨の日で土曜日で夫在宅で、
子どもたちとDVD三昧するというし、
じゃあわたし、子どもたちの入園入学グッズ制作の材料、
買ってきてもいい?
みんなお留守番よろしくね、
すてきなの見つけてくるからね、
あんたは何色がいいの?みずいろ!
はいはいはい、ピンクねピンク、あんたはピンク、
わかったわかった、
じゃあね。
ママ、はやくかえってくる?
うーんどうだろ(話題をそらさねば)、とにかくあんたはピンクなのね?
ピンクとオレンジときいろとねー、
あー、はいはいはい。そんなかんじね。
じゃあ行ってきますね。
いってらっしゃーい、ママ、気をつけてねー。

てなやりとりのあとで、
一番大きな旅行バッグを肩からさげて、
出かけてきたよ、日暮里へ。
繊維問屋へ。
日本のおへそへ。

山手線に乗り換えて、
人から借りた伊藤比呂美の「とげぬき新巣鴨地蔵縁起」をいそいそ取り出して、
読もうと思ったら、
前に座っている若いオノコふたりがひどい会話をしていることに気がついた。
なにが面白いのかわからない。
ほんとうに、わからない。
ここにも書けない。忘れてしまったから。
とてつもなくつまらない。
なのに、いちいちけけけ、とか、ひゃひゃひゃ、とか、
妖怪じみたような乾いた笑いをつけるのだ、延々。
薄らわらいを浮かべながら、
なにがそんなにおもしろいのかオノコどもよ。
伊藤比呂美にすっかりどっぷりの私は
そんな調子で悩ましく、心の中で毒づいた。
こういう事が、出かけるとよくある。
詰まらん会話を延々つづける若い人々。
私は年をとったのだな。
と、思いながらも、年とってよかった、
あんなつまらない会話しかできない若さなんか欲しくない。
と負け惜しみとしか言われないような毒を吐いた。心の中で。

で、日暮里に降り立って、
理性が崩壊し、なんやかんやでトマトへ参詣し、
下から上、上から下、隣へ行って、
さっさと道を渡って(横断歩道?信号?なんですかそれは。)、
また戻って下から上、上から下へ買い物しながら降りてきて、
何度も何度も並んで布を切ってもらい、
また並んで会計し、
隣に飛んでいってまた布を切ってもらい、
会計し、
さらに隣へ飛び込んで紐やらなにやらを切ってもらい、
会計し、
レジ袋をばさばさいわせながら、
やばいこんな時間だ遅刻だ遅刻だ、
と店をおん出て
来るときに最後に寄ると決めていた、
パキスタンの刺繍テープ(というのだろうか)のお店で
最後の理性が崩壊し、
いろんな計算でぱんぱんになって震えが手にきて、
震える手であれを5m、これとこれを3mずつ、ああこれ、これもなあ、
どうしようどうしよう、あたまおかしくなるー、
といいながら店の女の子にニコニコされながら狭い店内を
ぐるぐるしていたら、
入ってきたのだ、若いオノコたちが。
こんどは3人も。
狭い店内に。

オノコどもは関西弁だった。
どうする?お、こんなん。
なんていいながら。
おしゃれですてきなオノコたち。
気がきかないんだよなー。
どかないんだよなー。
どかずに延々しゃべるんだよなー。
と、毎度毎度の展開を予想してげんなりしていたら、
なんというか、まずすばしっこい。
どかないということはない。
気配を察してどくのです。
こんなんで、たらーっとさせてこう、きらきらしてて、
これくらいのがびらーっと。
擬態語ばっかりやん。
そのやりとりにブッと噴出しそうになるのをぐっとこらえ。
迅速に、率直に、店員さんと相談してさっさと決めて、
さっさと買って出て行った。
むしろどかずに邪魔だったのは私だ。
世の中にはすてきなオノコがまだまだおる。
日暮里すてき旅。

すてきといえば、
日暮里の皮専門店の一つに、間口のせまい、
やっているのかいないのか、
わからないようなボロい店が大通りに面してある。
はじめてそこで買い物した。
そこのおばちゃんに、
こういう皮紐って切れやすい?
うーん、そうだねぇ、なんに使うの?
これこれこれで、店で。
そうだねぇ、それだとやっぱりこれ、バックスキンだからねぇ。
こっちならいいんじゃないかね、
あとはおもてにあるのか、
どう?これはね、300円、
おもての?そうだねぇ、あなたが言ってるのだと、
これだとちょっとね、細いからね、まあ何とかなるかもしれないけど、
こっちのが。そう、無難だね。
じゃあ、さっきのあれ、10本ください。
はい、ありがとうございます。
なに、何屋さんなの?
へー、古本屋。古本屋って儲かるんでしょ。
いやー、カツカツですよお。
そうなの?エライわねぇ。え、こども旦那さんにみてもらって?
そーおなの、えーらいわねぇ。
はい、これね。
あ、ちょっとまって、いいものあげるわよ、
コーヒー大丈夫?そう?これね、フランスの飴。
これね、舐めてると、周りの人がいーい匂いなのよー。
はいこれね、はい、お子さんにもね、あげてね、
はい、どーおも、ありがとうございましたー。
てなお店のおばさんに出会って、
それでまたウキウキだった。
来てくれたお客さんを粗末にしないこと、
精一杯もてなすこと、
店は傾きそうにしっちゃかめっちゃかだったけど、
おばさんの一生懸命な心遣いは、とってもいかしていた。

そうして日暮里で意識をうしなって、
気がついたら約束の時間にとうてい間に合わなくなっていて、
あわてて電話して遅刻を伝言してもらい、
旅行かばんにパンパンに詰め込んだ布やらリボンやらに
あっちに振られこっちに振られしながら
卒園児の母親だけの無礼講飲みにそのまま出かけた
春の、宵でありました。
[PR]
by epsilongstocking | 2012-03-25 19:38