古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東京でおもうこと。

放射能は大丈夫じゃないと思っている。
子どもに影響が出たら嫌だと思っている。
でも、私達はここを動かなかった。
それでよかったとは思わない。
でも、この場所が好きだ。
住んでる西荻も、店をやってる三鷹も好きだし、友達も、東京の人たちも好きだ。
もちろん自分たちの家も自分たちの店も好きだ。
私達にはお金が少ししかない。
借金はないけど、貯金はゼロだ。ほんとにゼロ。
これから家族で移住して、どうやって暮らせるんだろう。
そう思うと動けなかった。

子どもの身体になにかある度に、放射能の影響じゃないかと思ってしまう。
今年初めて、うちの前の舗装されてない道の草取りをしなかった。
毎年腰の高さまで成長するのを、2、3回は刈り取るのに、今年は全く邪魔にならなかったからだ。

レイモンド・ブリッグズの「風が吹くとき」という本は、
核爆弾の爆風を自宅で浴びた夫婦の末路を淡々と描く。
自分達の身に起きた事をまったく知らないまま、
疑問をもたないまま、
夫婦は暮らしをつづけ、そして死ぬ。

この夫婦はいまの自分達なんだと思う。

それでも、動けないと感じでしまう。
なんでなんだ。
移住を思うたびに、
戦争に巻き込まれて死ぬ人や、
チェルノブイリ事故で死ぬ人や、
紛争やゲリラ戦や公害や殺戮で死ぬ人のことを思い出してしまう。
そこには子どもが沢山いる。
私はその人たちを殺した、加害者なんじゃないのか。
そういう思いがどうしても拭えない。
パワーバランスの軋轢の犠牲になった人や場所。
私はその片棒を担いだ巨大権力のハシクレならずとも、
その恩恵を充分に受けて生きてきた。

宿命が、私達をこの東京に置いたんじゃないのか。
そう思うのは、怠慢なんだろうか。
つぎは私達の番、私の子どもの番。
そう思って諦めるのは、悪い母親なんだろうか。

大丈夫だよ、なんて、気安く言わないでほしい。
言わないだろうけど。
なんで避難しないの、なんて言わないでほしいけど、
言ってもらったほうがいいのかな。

私は固まっていますが、
考えてもしょうがない、とは思いません。
でも生きていくしかない、と思ってます。
誰のせいにもしたくない。
誰の影響とも思いたくない。

この先につらい病気が待っていたら、私は泣くかもしれない。
子どもが病気になったら、後悔するかもしれない。
そう思いながら毎日を生きている。
でもいま、私はこの場所で、
誰言われたわけでもなく、自分で選んでこうして暮らしている。
私にはそれしか生きる道が見えない。
悲壮と思いますか?
そうかもしれない。

私は迷いながらも、顔を上げています。
ここで生きています。
[PR]
by epsilongstocking | 2011-11-14 21:12

旅の恥を描きだす。

さいとう夫婦の「バックパッカー・パラダイス」他のシリーズを3冊、
友達から借りた。
ホントにおもしろい!!
腹抱えて笑って、でも笑うんだけど、視点も変わるし、人生観も変わるわね。
海外旅行経験が皆無に近い私としては。
でもそういうの抜きにしても、キツいユーモアがたのしい。

さいとう夫婦は漫画家夫婦で、共同でバックパック旅行紀を描いていく。
はじめての夫婦の旅は2年半の世界一周旅行で、
強盗やゲリラや交通事故(ほとんど未舗装の山道を全開速度で行く乗り合いバスとか。)の
危険や恐怖、日本では滅多にない熱病などから
スレスレで逃れつつ、
現地の安宿や日本人のたまり場で旅行者達と交流しつつ、
旅人として世界をめぐる様子を
現地の旅行先から漫画に描いて日本の雑誌に掲載している。

まだ20代半ばの夫婦の、いろんな出会いとか、
疑問とか葛藤とか、
一生懸命漫画に描いている。
若くて青くて、無知で無神経で、
そういうつまづきを正直に描いている。
私だって今旅行に出たら、これどころじゃない恥をかき、
迷惑をかけるだろう、と思いながら読むと、
この夫婦に心から拍手したくなる.

インドや南米の話が特に印象的。
貧しい中でしたたかに生きている人びとが活き活きと描かれていて・・・
というよりは、
それらに出会う夫婦の葛藤を通して浮かび上がる、
日本という場所で暮らす私の生き方、在り方。
こわいものみたさ。
そういう気分でこの漫画を見る。
実際旅行をしたこの夫婦も、もしかしたら、
こわいものみたさ、
というものが旅の動機になっているんじゃないだろうか。(はて、どうでしょうな。)

夫婦を通して垣間見る世界は、
ほんとうに多様だ。
トラウマってなんですか。
って言われちゃいそうだ。
すさまじい貧しさの中で、淡々と生きる人びとがいれば、
そういう人々の中から少年を誘拐して兵士に仕立て上げる政府も存在する。
それって理不尽じゃん!
て言っても、実際銃突きつけられてグリグリやられちゃうんだな。
そういう国では、旅行者も強盗殺人の犠牲になるし、
悲惨な死がゴロゴロしている。
それを地獄と、言えるのか?
私は言わない。
この日本で暮らしていても、世界はぐるんとひっくり返って、いつだって地獄になるんだ。
地震、原発、交通事故。
自殺。
理屈も道理も、幻想だな。
私はその思いをあらたにしたよ。
そんで勇気付けられたよ。

これから私は地獄をみるかもしれない。
この国に暮らして。
でも、グレないぞ。
家畜みたいに大人しく屠畜されんぞ。
逃げてかわして、ギラギラした目で生きつづけるぞ。
[PR]
by epsilongstocking | 2011-11-06 20:17

にじまくら 終了

a0194487_0112180.jpg
a0194487_0122675.jpg
a0194487_01254.jpg
a0194487_0114771.jpg





















古書上々堂てづくり市
にじまくら
なんとかお天気ももってくれて、楽しく開催できました。
ご参加いただいたみなさま、
いらしてくださったお客様、
ちらしを置いてくださったお店の方々、
ありがとうございました!!

写真は、当日ご参加いただいた
アロマヒーリングサロンのミルンさん
に撮っていただいたものです。
ミルンさん、ありがとうございます!!

いろいろ試行錯誤していますが、
いまいち写真のupがうまくできません。
取り急ぎ、こんなかんじという写真を載せてみます。

次回は1月を予定していますが、
リクエストが多ければ12月開催もあるかもしれません。

参加メンバーも募集してますので、
もしご希望の方は、古書上々堂までお問い合わせください。
電話:0422-46-2393
[PR]
by epsilongstocking | 2011-11-03 00:19