古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バンドっていいな。

高校生から大学くらいまで、
ザ・イエローモンキーが大好きだった。
コンサートも2回くらい行った。

大学のときは軽音サークルに入っていて、
まあほんとに、ヘッタくそだったけど、
楽しくて、バンドしかやってなかった。
ほんとに下手だったけど。
しかも怖いもの知らずにヴォーカルやってた。どひゃー。

大学卒業(よくできたね、ってみんなに驚かれた。)してから
自然解散で、まあいっか、って思ってたけど、
(実際熱心にやってたのは私だけだった・・・)
なんだかさっき、イエローモンキーをyoutubeで見まくってたら、
無性にバンドやりたくなってしまった。

当時はヴォーカルの吉井和哉にぞっこんだったので、
ほとんどじつはボーカルしか見てなかったんだけど、
改めて聞くとかっこいいバンドだー。
ドラムもベースもギターもみんなうめーなおい!
てひっくり返るくらいだ。

こういう粘りがあって厚みのある音でグルーヴが出ているバンドって、
珍しいんでないかなあ。
昔は売れに売れてたから、普通に聴いてたけど、
今聴き返してもひっくり返る。
1曲1曲すごく作り込んでるし。
こういう作り込みが嫌になっちゃう事もあるのかもしれないけど、
やっぱりいい曲って、ちゃんと作り込んでるんだよなと思う。
どんなにシンプルに聴こえるものでも。

私は曲も作ってたけど(とにかく下手なりに。)
やっぱり歌うだけの人になりたい。
曲を作るのは楽しいけど、
だんだん自分の曲に飽きちゃう。しょせん凡才なのだ。
歌うほうがよっぽど集中する。(下手なりに。)
しかもちゃんとうまい人とバンドやりたい。
欲しいときに欲しい音だせるくらいうまい人。
って自分がそのレベルにないんだから、これは夢で終わりそうだ。

バンドって、ボブ・ディランが最初に言い出したらしいっすね。
バンドってすごいなと思う。
吉井和哉は解散後ソロ活動をしているけど、
今の音楽を聴くと、
ああバンドのときはメンバーに背中支えられてたんだな、って思う。
メンバー4人の力が、前に前に出ている感じがすごくする。

ボーカル吉井さんは、それに勇気付けられて、
どんどん前にでて歌えたんだな。
神懸かってる。
何かを自由に出し入れできたんだろう。
メンバーがよかったんだろうな。
バンドにとってのシャーマンというか巫女というか、だったんだろうな。
メンバーの気と観客の気を集約して増震するアンプというか。
それだけ器も大きかったんだろうけど。

バンド無くて、一人だけで演奏している吉井さんは、
ぜんぜん前に出てこない。
出られないんだと思う。
ソロでやるとしたら、大体の人がそうなるんじゃないかな。
一人で前に出るのは怖いだろうと思う。
バンドをやっていた人なら尚更怖いんじゃないかな。
バックミュージックの後ろに隠れちゃう。自分で。
もうそれ以上は前に出られない。
バンドは単なるバックミュージックじゃない。
フロントマンと身体は一つにつながってて、肉の一部なのだ。
いいバンドだったんだなあ。
ガツガツしてた。力もらった。

私もバンドやりたいなあ。
ヴォーカル以外できないけど。
使えないボーカルだなあ。
スタジオ入って個人練したいけど、スタジオって、いるよね。
なんかいるよね。
気配がすごいのだ。
私は見たことないし、気配しか感じないけど、
いつチャンネル合っちゃうかわからないから、
やっぱり怖いので、もうスタジオに一人で入りたくない・・・。
あああ。思い切り歌の練習したいよう。
カラオケは音がスカスカだからダメなのだ。

なんてことをグタグタ書いてたらこんな時間だ。

イエローモンキーのBURN
PV全編はじめて見た。
ふつふつ。わくわく。このどきどきをどうしよう。
[PR]
by epsilongstocking | 2011-07-13 23:36

学問と教育。

ちょっと前に大阪の知事が
「教育は本質的に強制だ」みたいなことを呟いていて、
なんかずっとひっかかっていた。

それは教育っつうより躾といった方がわかり易いよな。
躾はたしかに強制であり矯正であると思う。

社会の秩序を維持するためには
人の矯正は必要だし、
為政者にはさらに重要なことなんだろうな。

で、たしか乙武さんがそれに反論していて、
「多様性を認めるのも必要」みたいな事だったようだけど、
ちょっと不確か。

私は乙武さんの意見に一票だ。
支配する側にはよく躾された人員がいいに決まってる。
その社会のルールを熟知して、
一を振ったら十かえってくるような使える兵隊が沢山いたほうが楽だもんね。
でもそれはその社会をあくまでも現状維持か
現状の延長上の将来を望む場合に有効なだけだ。

教育にはいろいろな希望が盛り込まれている。
「躾」はその一つに過ぎない。
いい兵隊が増えて欲しいという希望。
教育の延長にはもうひとつ別の希望があるはずで、
それが学問する人をつくる事だと思う。
読んで字のごとく、「問う」ことが学の本質なんだと思う。

魚住昭と佐藤優の共著に「ナショナリズムという迷宮~ラスプーチンかく語りき」
というのがあって、
その中で「思想」とは何かという事が言われている。
それは=イデオロギーではない。
それは、例えばコーヒーに疑問なく200円払う事だったりする。
というような例え。
「思想」というのは「当たり前」すぎて見えないくらいところに横たわっている。

そういう「当たり前」「常識」「慣習」を
問い直すことが学問で、
問い直しなしに知識の深化はなく、
技術の進歩はなく、
もちろん経済の発展もない。

強制する教育はその「問い」を潰す。
その先にどんな将来があるんだろうな。

だから私は多様性を認める教育が大事だと思う。
絶対的な思想はない。
相対的な思想しかない。
相対っていうのは「絶対じゃない」って事。
シンプルに。

現状維持するんだったら、
今後原発で技術が進歩して原発をうまくコントロールできるようになる、
なんて事も言えないよなあ。
現状のままでいたら、
ずっと福島原発は収束しないだろうし、
高速増殖炉も永遠に完成しないっしょ。

心の中に破壊神を育てろ。
喧嘩上等。
化学反応。
その先に幸せがあるとは限らない。
でも、変わりつづけることが、
生きてることなんだと思う。
死んだ兵隊ばかりの世界で喜ぶのは、誰なんだ?
[PR]
by epsilongstocking | 2011-07-02 22:20