古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

閲覧注意。ちょっと弱音。

古書上々堂の公式HPを作っています。
ちょっとずつ形にしていく作業に充実をおぼえる。
いろんな人にたすけてもらって、
嬉しくなりすぎてちょっと油断してしまった。
心を開きすぎると、人の悪い気が
容易に踏み込みやすくなる。
これは自己管理がなっていなかったな、と反省した。

ふっと店に入ってくるお客様から、
抑えきれない怒りをもらったり、
自分にとって親しい人を嗤うような事を、
やはり親しくしている別の人から聞いてしまったり。
そういう瘴気にあてられて、すこし弱ってしまった。

35歳にはなったけれど、
どうにも幼くて、自分でもやれやれと思う。

今日、ここで少し吐き出さしてください。

これを見た人が嫌な気持ちになりませんように。

誰でも悪意なく人を傷つけることがある。
それもしっかり受けとめる覚悟をして、
人付き合いをしなくちゃいけないな。
今日このブログを見て、ドッキリしてしまったら、
ごめんなさい。
私の肝がきちんと据わっていなかったので、
少し参っています。
親しい人の訃報を聞いたり、
いろいろと抱え込んでしまった。

いつも同じ顔してはいられないし、
誰だって落ち込むことはあるし、
それもその人だな。
慰めたりしないで、
そっとしておいてあげたいな。
また元気になるから、
そうしたら沢山笑って毒も吐きまくってスッキリするよな。
[PR]
by epsilongstocking | 2013-05-04 12:53