古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

恐怖の一夜。

昨夜は日付が変わって大分経ってから
店を閉めた。
外に出ると、辺りはうっすら霧に包まれて、
夜が深かった。
もうじき朝が来るその手前、
みんなが寝しずまって、
いま私が死んでもだれも気づいてくれないだろう。

私は、自分を守ってくれる神様を
いつも思い描いて感じて生きてきていた。
だけど、蓋をしてきていた事実に、
私の世界が一瞬揺れたのだと思う。

私の神様は、私にしか見えない、
誰かの神様は私の神様とは違う。
誰かの神様を私は同じようには感じられない。
ということは、
私の神様も誰も共有してはいない。
それが、こんなに怖いことだとは思わなかった。

ちょうど魔の刻だったのだろーか。
自転車で通いなれた道を行くのに、
怖くて怖くてしかたがなかった。
ひょいと黒い影が自転車の後席に乗り込むんじゃないか、
壁から手が生えて私の肩を撫でるんじゃないか、
耳元で誰かの声がするんじゃないか・・・
普段ならすぐに掻き消えるような
たわいもない想像が
いつまで経っても
ざわざわと胸にさざなみを立てつづけ、
背中が泡立つような気色の悪さ。

人とすれ違いたいのに、
行けども行けども誰にも合わなくて、
たまに向こうの方にに見える人影が
遠くて遠くて、
自分のいる場所からはどうしてもたどり着けないような、
透明な壁が永遠に続いて向こうに行けないような、
ひとりだけ宇宙に取り残されてしまったような。

昨日ってなにかの日だったりした?
新月とかそういう・・。

さてそんな恐怖の一夜をなんとかやりすごし、
今日はルビーさんのイベントに必要なお菓子の材料を
吉祥寺のキッチンマスターまで買いに行く予定です。

というわけで、
こどももおとなも楽しい絵本よみきかせの会、
ルビーさんと黒ねこクロちゃん
の開催はいよいよ
今週土曜日です!

☆ルビーさんと黒ねこクロちゃん
~魔女の絵本よみきかせ 第
2回~

2月23日(土)
11:00~/14:00~
(各回15~30分程度)
入場無料 出入自由 投げ銭制
大人もこどもも、いっしょに楽しもう!
  
朗読:高林みず穂(ルビーさん・クロちゃん)
音楽:トッテカルーソ(コントラバス)

前回12月にも大好評・大成功をおさめた、
朗読者・高林みず穂さんによる絵本よみきかせの会第2回です。
毎回、魔女のルビーさんがみんなのために、
とっておきの絵本を、音楽と合わせて朗読する、
すてきなすてきなパフォーマンスです。
相棒の黒ねこクロちゃんもいっしょに、
まずは手遊びをひとつ。
これが不思議と場をひとつにまとめてくれるのです。
今回の音楽も、コントラバスのトッテカルーソさん。
朗読に合わせて即興で音楽が紡がれていきます。
何とも言えない、とぼけたようなユーモラスなコントラバスと、
透明感のある朗読。
魔女のルビーさんは、隔月で古書上々堂にやってきます。

そして、ちゃんとお話を聞けた子どもたちには、
手作りのクロちゃんクッキーをプレゼント。
もちろん大人たちにも、
ほんのり甘いジンジャーカモミールティーを。

このつぎは4月です。


***


それから、こちらも着々と
準備が進んでいます。


☆ふらり・・・Drop by
~pleasant time 作品展~


4月20日(土)~4月25日(水)

ハンドメイド作家のpleasant timeさんは、
三鷹・西荻を中心に、
作家仲間とともに素晴らしい作品展を
数多く手がけ、
またオンラインショップも運営なさっている
私のすてきなお母さん仲間です。

今回、当店での作品展をお誘いしてみたらご快諾くださり、
古書とのコラボレートを主題に、
複数の作家さんたちと展示をしていだだくことに。
古書上々堂という場を存分に使って、
美しい世界を作りあげてくださることでしょう。
私もたのしみです。
[PR]
by epsilongstocking | 2013-02-19 13:46