本日低調。おしらせ少し。

ご無沙汰のブログになってしまった・・・。

なかなか「にじまくら」の写真もアップできず。
うまく整列できなくて、放置してしまっています・・・。
年明けまでには更新するつもりですので、
少々お待ちを・・。

お知らせをいくつか。

ご縁があって、pleasant timeさんに、古書上々堂で展示をしていただく事になりました。
日程は、
来年2013年4月下旬の土曜日から5日間の予定です。
本にまつわる、作品が並ぶそうです。
なんどか展示にも伺いましたが、
いつも本当にすてきに空間を作り上げていらっしゃいます。
うちでもやってくれたらいいなぁ、と言ってみたら、
言ってみるモンですなぁ、実現しました~!
トールペイントなど、
赤毛のアンの世界のような、もしくはイギリスのヴィクトリア朝のような(?)、
クオリティの高い作品の展示即売となります。
どうぞお楽しみに。

次回の「にじまくら」は、5月の17日(土)になりそうです。
まだ日程は未定ですが、ここらへんで調整していくつもりです。
あらたにご参加なさりたい方、
epsilongstocking☆gmail.comまで、
ご連絡をお願いいたします。
(☆を@に変えてお送りください)

* * *

本日はどうも体調が低調で、お店も示し合わせたように低調・・・。ハハ。
昨日父ちゃんが店の石油ファンヒータに灯油を入れてくれた。
ファンヒータを低温で付け、ハロゲンヒーターも弱くつけると、
丁度良くぽかぽか。
安いティーパックにお湯を注ぎ、瓶に入れて家から持ってきた砂糖と、
隣のコンビニで買った小さい牛乳パックでミルクティ。
これで仏映画が観られたら完璧だけど、
ネットで映画を検索するのに疲れしまって、
読みやすい文庫を、
久しぶりに1頁1頁めくって読んでいる。
さっきはいしいしんじの「トリツカレ男」を読んだ。
短くて、お伽噺としてよい夢を見させてくれた。

いまは栗田有紀の「ハミザベス」を3分の1くらい。
この人もお伽噺。
何気なく選んだのだけど、なんと文庫の解説がいしいしんじだった。

本当は映画で「薬指の標本」を見たかったのだけど、
検索しても見つからず、
じゃあ小川洋子の本を読もうと思っても
生憎と棚に並んでいたのは既読の「博士の愛した数式」。
他に読みたいものは森茉莉の「贅沢貧乏」だけど、これもなかった。

ふらんすふらんす、
ふらんすの冬に触りたいのよ、
と思っていたら、
「トリツカレ男」はまさにふらんすっぽい冬のお話だったので、
ちょっと満足できた。
話のなかにストーブ、という言葉が出てきたので満足だ。

ストーブといえば学校。
もういまの娘達にはあの暖かいストーブに手をかざすという、
すてきな経験はできないのだろうな。
と思うとちょっと悲しい。
東北の石巻の冬に、おおきなストーブに柵がされて、
その周りであったまったあの記憶はほんとうに素敵だ。

娘達にもそういうすてきな記憶がたくさんあるとよいのだけど、
どうかなぁ。

冬のヨーロッパに住んでみたいな。
家族であったかい石油ストーブを囲んで。
寒い冬に火にあたるというのは、
ほんとうに豊かなきもちになるだろう。
[PR]
by epsilongstocking | 2012-11-18 18:05