古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

春の雨に濡れそぼって熱が下がりました。

5月27日(日)の
にじまくら情報については、
ひとまずこちらへ

***

娘たちががんばっている。
とくに、長女ががんばっている。
なんだか、
痛々しいくらい。

学校がはじまった。
それと同時に、英語教室もはじまっている。

どちらも、楽しい楽しいと言う。
でも、
なんだか表情が緊張している。
昨日まで下痢がつづいていた。

がんばっているんだな、
と思う。
がんばらなくていいよ、
と言ってみるのだけど、
うん!だいじょうぶ!って答えるのだ。

うーん・・・。
親の期待を背負いすぎている気がする・・・。

といって、やっぱり期待というか、
なんというか、
あるんだな。
「こうなってほしい」があるんだわ。
それをちゃんと背負ってしまってるんだわ、このチビッコは。

親の煩悩に付き合わなくてもいいんだよー。
と思うけど、
でも、やっぱ
自分の生きてきた時間に後悔があって、
そうならないように、
子どもたちには違う道を行かせたいと
なんだか踏ん張ってしまっているような気がする。

ようるすに、
お勉強なんだけど。
自分はお勉強をまじめにやらなかったから、
それをちゃんとやって、
世界を見て回って
たくましく生きていって欲しい。
なんて思っちゃってるんだな。

ちゃんと自分を生きないと。
わたし自身が。
その姿を見せるだけ。
そうでなくっちゃならないよね・・・。

ちょっと最近、
こどもこどもってなりすぎていたような気がする。
だからって自分勝手にというわけじゃなくて、
いい距離感が、
まだ、よくわからない。

前にも書いたけど、
私はどうも育児ノイローゼだったので、
子どもたちとの蜜月の時間を過ごさずに
ここまで来てしまったのだ。
わたし自身がそれに焦りを感じているのだろうか。
いまになって、
子ども第一で動けるようになって、
それはそれでとても甲斐のあることだった。

でもなにか、
こどもに押し付けているような気がしてならない。

とりあえず、
今日はブログを書きながら、
書きはじめてようやく、
自分の心をすこし整理できたように感じる。

雨の日、寝不足で、
ちょっと疲れて力が抜けて、
ちょうどいい塩梅。
春の雨はありがたい。
[PR]
by epsilongstocking | 2012-04-27 16:32