古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

「原発」都民投票の直接請求のための署名を古書上々堂であつめます。

毎週日曜日
1/22、 1/29、 2/5
13:30~

都民投票を
実現させるための署名

を、古書上々堂でお受けします。

三鷹市民のかた、
杉並区民のかたが
署名可能です。


受任者(署名をあつめる人)は、
古書上々堂オーナー(杉並区民)と、
アロマヒーリングサロン・ミルン・オーナー(三鷹市民)です。

同時に、
店内に
アロマヒーリングサロン・ミルン
がやってきます。
タロット占い(これが・・・すごいですよ。)*800えん
ハンドマッサージ*500えん




「原発」都民投票
について、
ご存知ですか。

いま、
東京電力管内の
原子力発電所の稼動に関する
東京都民投票条例案の制定をもとめる
直接請求を可能にする
ための署名運動
が、おこなわれているのです。

これは法律によって厳格にルールの決められた方法で、
署名の書式や集めかたも
よくあるアピール署名とはちがう、
法的な効力があるものです。

署名は、有権者が、
同じ区民、市民の受任者(署名を集める人)にしかできません。
22万人の有権者の署名が必要です。
この署名とともに都民投票条例案の制定をもとめる請求を都知事に提出します。
都知事は20以内に議会を召集し、
審議し、その結果を公表しなければなりません。

ちなみに、政治的な活動をしている団体とはぜんぜん関係ありません。
詳しくはこのサイトをごらんください。

古書上々堂では、
この署名活動に参加しています。

どうしてかというと、
直接請求は法律で保障された
私たち有権者の権利で、
これがいったん動き出したなら、
どうしても実現させないといけないと
考えているからです。
どうしてかというと、
これが実現しなかったら、
「私たちはもう言いたいことはないので、
あとはお役所とか政治家とか経済界の重鎮とか、
エライ人たちに全部任せます。」
と、言っていることになってしまうと思うからです。


原発については、
いろいろな意見がありますね。
私たち上々堂夫婦にもそれぞれの意見があります。

これが、
「原発」即刻停止を求める署名
だったら、私は署名はしたけれど、
こうして署名を集める受任者にはならなかっただろうと思います。

これはもう、「原発の是非」を云々するような
問題ではないと思っています。

つまり、
私たちの参政権をどう行使するのか、
もうそれが問われているのだと
私は考えました。

政治についての話題は避けるのが
人付き合いのマナー、
なんて言われたりしますね。

普段なら、そういうあり方もアリ、
と思います。(私はしないけど)

ただ、いまこの直接請求を求める活動が実現しなかったら、
もう東京の有権者は
都知事とか都庁とか経済界の重鎮とかに
原発についての判断を
丸投げしたと解釈できてしまう。
解釈は可能です。
そんなの極論だ、と思うかもしれないけど、
理屈は通るでしょ?
そしたらその理屈はきっと利用されます。うまい具合に。

だから、都民のひとたち、
このブログを読んで、まだ署名してなかったら、
ぜひ署名をしてください。
あなたと、わたしと、
わたしたちの小さな子どもたちに将来、
保障されるはずの、
権利のために。
その責任を、どうか果たしてください。
おねがいします。

期限は2月9日までです
(一部地域をのぞく)
今回を逃すと、法律により
この請求は2度とできません。

この署名をして、請求する内容については、
まずは趣旨です↓

請求の要旨

[1]原子力発電所の存在、稼動は、
東京都民のみならず立地先の住民や周辺住民など、
夥しい数の人々の暮らしや命を左右します。
この「原発」を今後どうするのかという重大な問題を、
これまでのように、国と電力会社と立地先自治体の判断のみで
決めてしまうのは間違っています。

[2]東京電力管内の原子力発電所に関し、
私たちは、主権者、ユーザー(電力消費者)、
電力会社の大株主となっている自治体の住民(東京都は東電株を 2.66%保有する大株主)
として、これに関与する
責任と権利があります。

[3]その責任を担い
権利を行使するために、
東京電力管内の原子力発電所の稼働について、
主権者である私たちが、
互いに議論し意思表示をする
重要な機会として
都民投票の実施を求め、
本条例の制定を請求します。

どんな条例にするのか、条例案は
ここを参照してください。
[PR]
by epsilongstocking | 2012-01-22 15:53