古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

愛と恋と神様。

内田春菊の「わたしたちは繁殖している」をちょいちょい読んでいる。

子供沢山産んで、相手の男もどんどん変わって、
地母神みたいな人だ。
愛に溢れている。
愛と憎しみは表裏一体って言うけど、
この人の憎い人に対する憎しみの表現もあからさまだ。
情の厚い人なんだろうな。
怖い人だな。

店にナン・ゴールディン×荒木経惟の「東京愛」
という写真集が入った。
ナン・ゴールディンはやっぱりいい。
見ているうちに涙が出てくる。
こんな写真が存在しうるのか。
彼女の写真を見るたびにそう思う。
荒木の写真もすごいと思うんだけど、
器がでかいというか、すべてを許しすぎているというか、
私にはひりひりこない。
ナンほどひりひりする写真に出会ったことはない。
ナンは恋。
荒木は愛。
そういう感じか。ざっくりだけど。

なんでそういう感じがするのか、っていうのははっきりしないんだけど、
ナンに撮られた写真の人の目は、
濡れて揺らめいているように感じる。
あれが、不安定な印象を持たせるというのか、
うつろい、とか、はかなさ、とか、無常。
死の予感。
それだからこそ感じる愛情。
死に裏付けられた愛。
そういうものを、恋として、
ナンの写真は恋情なんだと思うのだ。

で、荒木にも死はあるんだけど、
そこには恐れが感じられない。
ナンにはある。死に対する畏怖がある。
荒木は死をも愛でくるんでいるというか。
愛で受けとめているというか。
どっしり安定している。
大丈夫だよ、なんでも愛するよって言いつづける。
肉体の崩れは死を予感させる。
醜さも、やっぱり死を感じる。
「醜く崩れた」肉体を撮るとき、彼は死に挑んでいるのかもしれない。
死を愛そうとしているのかもしれない。
そこにも狂おしい愛がある。
でも私にはまだ遠い感情みたいだ。
荒木の写真みたいな人間になりたいけど、
今は、まだ、ひりひりするような生と死への畏れの中にいる。

内田春菊にはそういう思想を感じない。
死も生も、感じたままに思考して、それを哲学しない。
これって神様みたいだと思うのは私だけなのだろうか。
私の神観は、まさにあるがままをあるがまま身体に通す、受容そのものを体現する存在だ。
内田春菊の生きる態度は、
実は「yes。」しかなくて、「no。」がないんじゃないかと思うのだ。
だからこそ、憎むべき男に何度も出会って、
同時に愛すべき男にも出会うんじゃないか。
うまく言えないんだけど、自分に対するnoがないんじゃないのかな。
出会うもの出会うもの、感じる事、すべてyesで生きている。
神様だな、と思うのだ。
畏れがないからnoがないのだ。
痛い目もみるけど、でもnoはないのだ。
超越してるのだ。
内田春菊は、存在そのものが伝説になり得ると思う。

私は、用心深くて、平凡なnoばっかりの人間なので、
それなりに小さくまとまって生きると思う。
哲学する人間と、哲学しない神様。
[PR]
by epsilongstocking | 2011-09-28 20:18