古本屋女房の本とこどもとしっちゃかめっちゃか


by epsilongstocking

芸術とお金。

あっちこっちでチャリティーイベントやっている。
お金集めて被災地に送っている。
というか、日本赤十字社に送っている。
でも日本赤十字社のお金は殆ど動いていない。
被災地に届いていない。
ナン百億というお金が宙に浮いたまま、
それでも毎日沢山の義捐金が集まっている。

日本赤十字社に集まったお金の行き先に、
政府がくちばしを突っ込もうとしているというのに、
結局あそこにお金が行く。
コンビニで募金しても、
街頭で募金しても、
チャリティーイベントに参加しても。

お金。

お金があれば何とかなる。
家がなくてもお金があればいずれは建てられる。
お金は何とでも交換できる。

でもお金は食べられない。
お金は毛布代わりにならない。
お金は放射能を遮ってはくれない。
お金は銀行の金庫に眠っていて、
引き出されて交換されるのを待っている。
だけどお金の行き先が決まらない。
行き先を決めてくれる人がいないから、
お金は金庫で眠りこけている。
お金の姿のまま、何にも交換されずに、居眠りしている。

お金があれば何とかなる。
ほんとかね。

チャリティーイベントは東京やら横浜やら、
首都圏でたくさん行われている。
音楽家や芸人たちが、
東京でイベントをやって、
東京の人たちを楽しませて、
お金を集めている。
そのお金は銀行の金庫に行く。

なんで芸術家たちは、直接被災地に直接行かないのかな、と私は思う。
ライブに行くととても元気になる。
救われたような気持ちがして、
その日一日、幸せで、世界が色鮮やかに息づいて、
希望に膨らんだ心で床に就くことができる。
美術展に行っても、そうなる。
芸術が人を元気にできるというのは、本当だ。
だから芸術家にたいしてお金を払う。
お礼だ。ありがとうなのだ。

いま、私が石巻で被災したとして、
子どもと運よく生き延びたとして、
夫とは未だに連絡が取れなかったとして、
あるいは子どもを失ってしまったとして、
(そんなこと考えたくないけど、現実にそうなってしまった人たちがたくさんいる)
1ヶ月半そういう現実にボロボロに引き裂かれて、
それでも死ねなくて、
気持ちを決めることができなくて、
気がついたら1ヶ月半生きてきていた。
とする。

そのとき、私を救うのは、お金だろうか。
それは確かに私の生活を救うだろう。
寄付された食べ物や服や下着は、
私を生きさせるだろう。
私は何も気持ちを決められないまま、生きながらえていくだろう。
お金は物とは交換できるから。
お金は私の身体を健康に生かすことができるから。

そうですよ。
心は死んでいる。
死んだままご飯をたべて、服を着替えて、毛布に包まって寝るだろう。
そうしてお金はますます私の心を殺すだろう。

そのとき、言葉は私を救うだろうか。
「がんばれ!」
という心のこもった言葉が、私の心に響くだろうか。
「ぼくたちはあなたとともにあります。」
という遠くからの言葉が、私を柔らかく包んでくれるだろうか。

そのとき、私の心は瀕死の状態で、
何も感じる事ができなくなっていると、私は思う。
感情が健在だったら、
恐るべき悲しみに引きちぎられて、泣き叫び続けて、
そしてやっぱり心は死ぬと思う。
狂ってしまったほうが、生きていけると思うだろう。

そういう心を、お金は救えない。
と、思う。
言葉も届かない。

そのとき、芸術は、何ができるだろう。
音楽ができること。
絵ができること。
詩ができること。
写真ができること。
お笑いができること。
一緒に泣くこと。
一緒に驚くこと。
一緒に笑うこと。
共鳴すること。
共鳴を増幅させること。
それを昇華させること。

芸術家としての才能がある人は、
その力を、直に、被災した人に向けたほうがいいと私は思う。
そこで、芸術は何ができるのか。
それを考えることが、
芸術家に求められるべきことなんじゃないのかい?
[PR]
by epsilongstocking | 2011-04-20 23:23