疲労と涙と呼吸。

日曜市から大分経つのに、
なかなか復活できまてん。
参加された皆さんはそれぞれブログにupしてくださっているのに、
いまだに何もせず、申し訳ありません。

エネルギーが枯渇しているみたい。
こういうことは年に何度かある。

面白いことに、哀しくもないのに涙がボロボロでたりする。
体が緩むために勝手にやっているのだと思う。
疲れすぎると、立っているのもやっとだ。
でもやる事あるから動かなければならず、
のろのろと動く。
そういういとき、気がつくと長いこと息を止めている。

息を止めて動いて、動きを止めて息をして、を、くりかえし、やっとこ事を進めていく。
で、そのうち、ふっと気が緩んだとき、
ボロボロボロっと、あったかい、粒の大きい涙が出る。

ひとしきり泣くと、呼吸が戻っている。
泣くっていうのは、
呼吸を整える効果がある。
だから、泣けたら泣いたほうが体にいいと私は思う。

西欧の文化では、泣く事は恥と思うキライがあるのか、よく知らないけど、
TVで、日本人はよく泣く、泣きすぎ、なんて言われていた。
涙には浄化の作用があるとはよく言われることだけど、
ギリシア悲劇なんか、そういう目的で作られたんだと勝手に思っていた。
当時のギリシア人は泣くのを堪えて観ていたんだろうか。
ずいぶんとマゾヒスティックな発想だけど、
それはそれで快感なのかもしれない。

東洋の文化では、インドのヨガもそうだし、野口整体でも、
合気道とか柔道とか、武道の世界でも、
呼吸を重要視する。(まちがってる??)
呼吸の間で、武道では技が決まったり、生活ではぎっくり腰になっちゃったり、
するのだと、いろんな本に書いてある。

アフリカンダンスでもこのあいだ先生に、
深い呼吸を心がけるように言われた。
アフリカンダンスはシンプルだけど、
動きは激しいし、リズムも速い。
息がどんどんあがってしまうし、重心もどんどん上がってくる。
本当は腰をしっかり落として、
低いところで踊らなければいけない。
息が浅いと、腰も上がって、いい動きにならない。
お腹の下のほうで、深い呼吸をし、
深いところから汗をかく、のが大事なのだそうだ。
納得、納得。
深い呼吸を意識したら、
あんまり辛くなくなってきた。
速い動きも前ほど苦しくない。
もちろんキツイのはキツイけど、
たぶんもうちょっと慣れたら、なんか面白いことになりそうだ。
こうやって、体を解放するのか。
はじめての経験だった。

煮詰まったら泣いたほうがいい。
そういうときは呼吸を忘れているのだ。
体を動かすのも辛い時、
辛いと言って泣けそうなら、泣いたほうがいい。
涙が体を浄化してくれるし、
声を上げて泣いたあとは、呼吸が戻ってくる。
泣くことは、とても体にいいと思う。
溜めて溜めて、気を張り詰めたあと、泣いたらいい。
でもいつまでも泣いてたら、それは逆に体に悪い。
そいういう時もあった。失恋したときとか。
体から水分が無くなるほど泣いたら、
フラフラ立ち上がって、水を飲む。
それからお風呂に入ったり、
軽くなった体で最低限のことだけをして、
あとは布団に体を預けてしまう。

いまは空っぽだけど、
空っぽは気持ちいい。
そのうちまた色んなものがポイポイ入ってくる。
[PR]
by epsilongstocking | 2011-03-02 18:13